忍者ブログ
書く人紡木の呟きブログ。
カウンター
プロフィール
管理人:紡木


物書き。
元AsuraFantasyOnlineMS
現在は創作活動停滞中



[AFOシナリオ一覧]


[WEB拍手]
最新コメント
[11/26 紡木]
[10/06 ( ̄ー ̄)]
[06/21 紡木]
[06/15 Dの人]
[12/25 紡木]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
広告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

報告が遅くなりましたが、行ってきました。

・・・楽しかったー。ものっそい楽しかったー。

テンション上がりすぎて、変なこと口走っていた気がする(どきどき)
落ち着きのない大人でごめんなさい。普段はもう少しマシなのです…多分。


最初から最後までおしゃべりしていました。
それだけで一日終わりました。でも、お話のネタが尽きなかったのが凄い。
天田MS,姜MS、DOLLerMS,紡木と、ノルマンのPLさん数名。
姜MSの作ってくださったペーパーが楽しかったです。執事姿のオベルさんが麗しすぎる…っ。

このMS(元含め)陣4人は、それぞれ分隊長を持っている訳ですが。
この度とうとう王様のご婚礼が決まった、という事で、さぁ次は誰だ!?という話に。

「ここはやっぱり上から。緑さんから」
「いやいやいや、一番真っ当にもてそうなのは藍様でしょう、うん」
「黒の方はどうなんですか?どう応えるんですか?」
「灰様には、いっそ灰様を手のひらで転がせるような人がいいんじゃないです?」
「そんな人居たらノルマンやばくないですか?」
「…ですよねー」

(↑うろ覚えなので大体こんな感じ、だったんだなーと思って下さい)

中の人レベルで「次」を押し付けあう人たち。
…きっと分隊長達もこんな風に押し付けあっているんだろうなぁと思ったら笑えました。
そりゃ結婚できないよ…。

でも、黒のお方はお決まりでしたね。
おめでとうございます。
これからは、王様と赤様とタッグを組んで、他の売れ残り(酷)に圧力を掛けてくださいませ。

ちなみに、緑の人。
「マント領に婿入りどうですか」といわれました。
いやいやいや(汗)
…というか、だったら藍様の方がお似合いでしょう、と言ったら「自NPC同士は…」と首を振られてしまいました。残念。

それから、最後に。五本締めも終わった後に、OMCブースに行きまして…。
色々無理言って申し訳ありませんでした、出雲さん。そして、ありがとうございます。

無理を言った成果は、そのうち、ここでご覧に入れられるかと思います。
Kさん、よろしくお願いしますねー(遠くの方へ)

こんな感じで、一日中どきわくしながら過ごしておりましたら、帰りの電車でがくっときました。
家帰ってばたんきゅー…でした。
二年前のどさは、往復高速バスで、ネットカフェ泊までしたというのに…歳なんだろーか(ふ)


最後に、ちょっと気になったことひとつ。
どさは、トークイベント、なのですが・・・正直、トークがし難いです。
人口密度が高すぎて、とっても騒がしく、少し離れただけで、よく聞こえなくなってしまう。
もちょっと広い会場だと良いなぁ。
あと、お菓子持って来てくださる方も多いので、机が欲しいです。

机を囲んで、普通の声量で、おしゃべり出来たら、もっと良いのにと思いました。


とは言っても。
紡木はMSとしてはAFOの亡霊ですから、AFOが終わった今、もうオフイベに顔を出す事も無いんだろうなぁと思います。
どの会場も、行くのにそれなりに労力が掛りますからし。

ですから、今回とても良い思い出が作れて、本当に嬉しかったです。
お相手くださった皆さんと、開催してくださった公式のスタッフさん方に、心から感謝を。
ありがとうございました。
PR

200912262257000.jpg判子。
クラフト市に行った際、自分の選んだ木にその場で名前と絵を彫ってくれるお店が出ていて。

作ってしまいました。

…や、同行の友人が絵師名で作るって言ったら「私もー♪」ってなるじゃないです?
〆て3500円也。
遣いどころはありません。しかし後悔はしていない。


木に彫られているのは桔梗です。
お店に出ていた分には無かったので「桔梗が良いー!」と主張して彫って貰いました。判面にも桔梗入り。

かわええ…(にやにや)
ノルマンの、時期お妃様が内定したようで。

おめでとうございます。

きっと、緑の人は感無量なんじゃないかな、と。
お妃候補云々を最初に口に出したのは、彼だったように記憶しております。
あの時は、多分、ほぼフィーリング。ちょっとした思いつき。あ、いいかも、程度の気持ちだったのでしょう。
でも、よくよく考えてみれば、問題が沢山あって、苦労することも目に見えていて。
だから、それとなく薦めてみる事はあっても、本人達の意思次第、だと思っていました。

あれから時は流れ、恋が生まれ。
ご自身の才覚と築き上げた人望で、困難を乗り越えあるいは乗り越える覚悟を固められ。

この度の慶事に、至ったのですね。


長く続いたAFOという世界を締めくくるに辺り、執り行われるのが国王の結婚式、お相手は元冒険者。
お祭り好きでノリの良い、ノルマンに相応しいフィナーレだと思います。
関わった全ての方に、改めて、おめでとうございます。

世界の中で、生かされて、生きている。
そんな風に、思いました。

シャルロットやロロのように、皆さんと何度も縁を繋いだ訳でもなく。
たった一度、ご縁のあっただけのリリという村娘。
彼女にも3年の時が流れていたのだと、触れて貰えたからこそ知ることが叶いました。


駆け出しの頃に右往左往しながら書いた小さなシナリオが、きちんと、冒険者の方の人生の一部として、そこに在ったのだと…そう思える事は、書き手として、とても幸せであったと、思います。


在籍中は、浅からぬご縁を頂いていたお二人に、心から、おめでとうございます。

生きてますよ。
毎日、なにかとへたれていますが、それでも何とか。


AFOのトップページを見ていたら。
久しぶりにオフイベ開催、とのこと。


おお、東京会場は日曜日じゃないか!…ということで。
12月27日、お邪魔します(しゅた)


(ぼそ)・・・生業が、酷いことになっていなければ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
忍者ブログ [PR]