忍者ブログ
書く人紡木の呟きブログ。
カウンター
プロフィール
管理人:紡木


物書き。
元AsuraFantasyOnlineMS
現在は創作活動停滞中



[AFOシナリオ一覧]


[WEB拍手]
最新コメント
[11/26 紡木]
[10/06 ( ̄ー ̄)]
[06/21 紡木]
[06/15 Dの人]
[12/25 紡木]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
広告
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


世界の中で、生かされて、生きている。
そんな風に、思いました。

シャルロットやロロのように、皆さんと何度も縁を繋いだ訳でもなく。
たった一度、ご縁のあっただけのリリという村娘。
彼女にも3年の時が流れていたのだと、触れて貰えたからこそ知ることが叶いました。


駆け出しの頃に右往左往しながら書いた小さなシナリオが、きちんと、冒険者の方の人生の一部として、そこに在ったのだと…そう思える事は、書き手として、とても幸せであったと、思います。


在籍中は、浅からぬご縁を頂いていたお二人に、心から、おめでとうございます。
PR

生きてますよ。
毎日、なにかとへたれていますが、それでも何とか。


AFOのトップページを見ていたら。
久しぶりにオフイベ開催、とのこと。


おお、東京会場は日曜日じゃないか!…ということで。
12月27日、お邪魔します(しゅた)


(ぼそ)・・・生業が、酷いことになっていなければ。
ジューンブライドの季節。
もうそんな時期ですか。一年が経つのは早いもので…。


とりあえず…
41歳おめでとう緑の人(独身)。
お久しぶりです。


救い様の無い間抜けと書いてツムギと読む。
・・・・・・・・・・orz.


4日、ひっそりこっそり、横浜のオフイベに飛び入り参加させていただきました。
丁度、夕方から東京方面に用事がありまして、これは、行くしかないなと。

午後からのそのそと入場し、ぺこぺこ周囲に自己紹介とご挨拶。
その後、DOLLerMS,ノルマンPLさん方と、お話させて頂きました。

紡木、の名で呼ばれる事が無くなって久しく、「紡木さんは~」と言われる度、少々こそばゆかったのはここだけの話。
王様の嫁取りのこと、緑の父さんのこと、灰様のこと、他の分隊長さんのこと、ディアドラさんやシャナちゃんのこと。勿論、いらしていたPLさんのPCさんのこと。埋もれたまま葬ったネタのこと。現在のNPC達の脳内設定(痛・・・)のこと、などなど。
がっつりAFOトークなんて、普段する機会もないもので、巧く説明も出来なかったのですが、大変楽しかったです。
DOLLerMSは、お話上手な方でらっしゃいました(しみじみ)
あと、姜MS、絵がお上手なのです…っ。

夕方から都内で用事があったので、一足先に退出させて頂きました。
いっぱいお話できたし、美味しいお菓子も頂いたし、ほくほく気分で電車に乗り、品川から山の手線に乗り換えようとした、その時。


・・・・あれ、何か、軽くね?
私の、荷物って、このサブバッグと・・・・

・・・・・・・・っ!!

そして、冒頭に戻る。
一抱えもあるバッグ、どうやったら会場に置き忘れられるんだお前は・・・!!

そして間抜けその2。
会場にいらっしゃる何方の連絡先も、存じ上げないという事実。

羞恥に打ちのめされながら県民センターに連絡し、確認します、との返答を頂き、その返事を今か今かと待っている間に、神からの着信。

「紡木さん、会場に荷物忘れませんでしたか?」

神様の声は、やなぎMSのそれに非常によく似ておられました。
やなぎMS,わざわざ龍河SDに連絡とられて、私の携帯番号調べて下さった模様。
本当にありがとうございましたっ(土下座)

そして横浜へUターン。勿論用事には遅れました。

実は、わたし忘れ物キング。
無くした傘は数知れず、携帯も、幸いにして紛失はありませんが、置き忘れそうになることは度々。

しかし、それをこんな場で発揮しなくてもいいじゃないか自分。
ご迷惑おかけした方々には、本当に申し訳ございませんでした(しくしく)


こんな恥をさらしつつ、そうはいっても、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
機会があったら、またお邪魔したいです。
蜜蜂、とっくりと読ませて頂きました。
劇中劇、というのが大好きなので、ああいった手法はいいなぁと興味深く。
一度、最初から最後まで劇中劇、というシナリオをやってみたかったかも。
PCさんを登場人物にして、PCさんからネタを貰って、でも登場人物は全員強制的に男性化(笑)
雰囲気としては、エイプリルフールシナリオみたいなものでしょうか。
・・・そういえば、今年もエイプリルフールシナリオないのですね。ソルパにはあるっぽいですが。
ああいう企画大好きなので、ちょっと寂しい。


…話が逸れました。
途中出てきた『同僚』の方は、美形の銀髪エルフさんでしょうか。
同僚が追い返さなかったら、埴輪氏は嬉々として参加していたような気がしなくもないです。
そして、蜜蜂シナリオなのに、男女のラヴが芽生え掛けていた(?)のは何だかほほえましく。
けれど、肝心の告白の場面が男×男状態なのは・・・良いんでしょうか。いや、面白かったですけど。かなり。


そして、タイトルのとおり。
『変態のキャメ、女装のパリ』など今は昔の合言葉。

女装がキャメに輸出されましたよ!

・・・いや、見落としていただけで、前からあったのでしょうが、これほど前面に押し出されている依頼は、私は初めて見たので。
これでも『女装のパリ』の一角を担った(つもり)の元記録係としては、なかなかに感慨深いです。
きっと、パリからも、皆さん海峡を越えて参加されるのではないかな~と予想。
あちらの貴族の奥方様、うちの娘と出会ったら仲良くなれそう、とか思ってしまいました。勝手に。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
忍者ブログ [PR]